私 た ち の

想 い

いろはスタディが
大切にしていること

「学ぶ」ということは、「有名なあの学校へ入りたいから」とか、「親や先生に言われたから」と、取り組むものであってはならないと、いろはスタディでは考えています。

私自身、ふたりの娘が小学校受験をした経験があります。
当時は子育てを初めてまだ5年足らず。無我夢中の日々の中に小学校受験が加わり、すべてが手探りのような状態で受験の塾に通いはじめました。通常の幼児教室との違いに戸惑いを感じながらも、小学校受験とはこういうものなのか…と、自分を言い聞かせたりもしていました。

今振り返って思うことは、受験準備を始めた当初、私は自分の子どもがどんな特性を持ち「何が得意で何が苦手か」を十分理解することができていなかった…ということ。そのため、受験塾で「○○が苦手ですね」「○○が出来ません」と言われるたびに、とんでもなく落ち込み、我が子とともに「ウチはダメなんだ…」と凹み続ける日々を送っていました。

それでもさまざまな取り組みを通じて、子どものできること、小さな成長を発見することができるようになり、子どもを信じて見守ることの大切さを知ることもできたのです。

でもこれは、受験を終えた今だからこそ言えることでもあります。
戸惑いと緊張の真っ只中にいる、小学校受験を控えたお子さま、そして保護者の方が、少しでも安心して、自信を持って取り組んでいただける学びを提供したい。
それが、「いろはスタディ」を作ったきっかけでもあります。

いろはスタディが大切にしているのは、「合格するため」の学びではなく、お子さま自身が「楽しい!できた!わかった!」という体験を積み上げて行ける学びです。このひとつひとつの積み重ねが、自己肯定感や自己有能感をあげ、たとえ出来なかった時でも工夫する力や考える力を育み、将来、生きていく上で大切な「チャレンジしてみよう」「出来なかったら違う方法をやってみよう!」と、自らをリカバリーできる思考力へと繋がります。

子どもの能力は無限大です。小学校受験はひとつのきっかけでしかありません。
ぜひ「いろはスタディ」での学びを通じて、お子さまの新たな能力をひとつずつ発見しながら、「ウチの子スゴい!」というさまざまな体験をしていただければと思います。

いろはスタディ

講師筒井 奈未

Nami Tsutsui


代表メッセージ

このたび、幼少期のお子さま向けの学習教室「いろはスタディ」を開室いたしました。当教室では、小学校受験対策のほか、受験をゴールにしない日常の学習も視野に指導を行ってまいります。

私自身、これまで2,000人以上の子どもたちの、一人ひとりの個性を伸ばす運動指導をしてまいりました。その経験から、人は誰にでも必ず光るものがある」ということを強く感じております。いろはスタディにおいても、子どもたちが楽しく取り組める「学びの場」を提供しながら、それぞれの個性や特性を生かし、伸ばしていく場所でありたいと考えています。そして保護者の皆さまには、お子さまの小さな「できた!」やちょっとした気持ちの「変化」に気づき、一歩進めたことの喜びを、ぜひ「いろはスタディ」で実感してほしいと思います。
幼少期にしかできない貴重な学びの体験は、一生の学びの力につながります。
その「はじめの一歩」を、しっかりとサポートいてまいります。

いろはスタディ

代表実川 知也

Tomoya Jitsukawa